お客様の声

「お客様の声」募集中。応募方法はこちら

ペレットストーブ画像をクリックしていただくと、その機種の“お客様の声”へ移動します。

温風式ファンヒーター
輻射自然対流式

SS-5 お客様の声

新潟県M様 使用機種:SS-5 築年数:新築

【お客様コメント】
(購入のきっかけ) 新築する際、姉からペレットストーブを紹介されて展示場へ行ったのがきっかけです。実際火をつけてもらい、体感したらとてもよかったので選びました。
(暖房面積) リビング約19畳、2階8畳2部屋のメイン暖房として使用。リビングに吹き抜けがあるので2階の2部屋も暖かいです。
(感想) 体感の暖かさはもちろん、目で炎を見つめることで視覚からも温かさを感じました。薪ストーブに比べ、ペレットストーブなら朝晩だけの私たちの生活でも炎のある暮らしができ、満足しています。事前に聞いていた乾燥対策は、加湿器を置いたり洗濯物を干したりしています。まだ設置してワンシーズンしか使っていませんが、長くつきあっていきたいと思います。

千葉県S様 使用機種:SS-5 築年数:新築

【お客様コメント】
(購入のきっかけ) 元々薪ストーブに憧れていましたが、具体的に考えると難しい問題があり断念しました。ペレットストーブをホームページで知り、展示場で確認しました。容量・サイズ・色(赤)の3点で気に入り購入しました。
(暖房面積) LDK18畳+ホール3畳の21畳。プラス、リビング階段と玄関もあるが1台で十分暖かいです。
(感想) ペレットストーブの暖かさは、体の芯まで暖めてくれます。ペレットストーブを入れてからは足まで暖かく、よく眠れるようになりました。エアコンなどサブの暖房がなくても暖かいし、炎が見えてなお良いです。うちのワンちゃんもストーブの前でくつろいでいます。

山口県T様 使用機種SS-5

【お客様コメント】
当初、薪ストーブ設置を検討していましたが、様々な事情で炎のある暮らしを諦めていました。たまたま寄ったお店にペレットストーブが設置されていて、これなら使えそうと設置を決めました。
灯油ストーブと違ってイヤな臭いがなく暖房能力も高い。ペレットストーブの温もりをおもいっきり満喫できる冬が楽しみです♪

新潟県H様 使用機種 SS-5

【お客様コメント】
新築の際、1階通り土間に、炎を楽しめて家族みんなで囲める居場所が欲しい! と思い決めました。
暖房面積が広いので能力的に不安でしたが、十分暖かく、新潟で初めて快適な冬を過ごすことが出来ました。

▲PAGE TOP

SS-5Plus お客様の声

ただいま準備中です。

▲PAGE TOP

SS-10 お客様の声

岐阜県T様 使用機種:SS-10 築年数:新築

【お客様コメント】
(購入のきっかけ) 以前からペレットストーブの暖かさはもちろんですが、燃料が環境に優しい木質バイオマス燃料という点が気になっていました。自宅をリフォームするにあたり、子供達に綺麗な環境を残したいと思いが募り、購入には迷いがありませんでした。
(暖房面積) 24畳のリビングダイニングに8畳の吹き抜けがあります。優れた温風量と鋳物扉からの輻射熱により、快適に過ごしております。
(感想) サイカイ製品は手動着火です。考え方によっては面倒かもしれませんが、我が家では火の取扱い・空気の役割り等を子供に教える教材として活用できております。全てが自動化された今、ちょっとだけ不便な面がかえって私達には新鮮であり、家族皆で炎を楽しんでおります。本体のガラス窓から見れることができる炎は家族の体だけでなく、心もポカポカ暖めてくれている気がします。
ペレットストーブのおかげで夫婦喧嘩も減ったのでは?(笑)
遊びに来てくれたお客様にも大変喜んでもらえて、今では我が家自慢のストーブです!

▲PAGE TOP

RS-4 お客様の声

青森県M様 使用機種RS-4

【お客様コメント】
新築の際に炎のある暮らしがしたくて、薪ストーブかペレットストーブにしたいと考えていました。販売店に相談したところ、住宅密集地など諸条件を考慮して、ペレットストーブを勧められました。ストーブの設計思想、企業理念にとても共感できましたので即購入を決めました。ペレットストーブの前で過ごす時間が増え、家族・友人との団欒の場となりました。家全体が輻射熱でじんわり、心と体が温まるのを実感しています。

山口県N様 使用機種 RS-4

【お客様コメント】
(購入のきっかけ) たまたま1人で立ち寄ったお店(ペレットストーブ取扱店)で見かけ一目で虜に! 送風式の暖房が苦手な主人もとても気に入り、新築設計中に急遽、設置場所を設けました。
(暖房面積) 約30畳のワンフロア、リビング角に設置。
(リビング・ダイニング・キッチン+吹き抜け・ロフトあり)
(感想) 購入して2年。ペレットの落ちる音、炎、何よりワンフロアのリビングを1台で賄える暖かさ! 家族みんな、とても気に入っています! 愛犬がペレットストーブの前を独占してる事が多いですが…笑

福島県Y様 使用機種 RS-4

【お客様コメント】
(購入のきっかけ) 炎の見える生活への憧れがあったから。
(暖房面積) 34畳+10畳 リビングの西南角に設置
(感想) 輻射熱でほんわか暖かい〜! 犬たちも特等席でまったりしています。リビングダイニングキッチン、吹き抜けの2階まで暖かいですよ。 カルカンレンガを貼って暖か雰囲気アップです。レンガ台座もDIY! コトコト煮込み料理も楽しんでいます。

静岡県K様 使用機種 RS-4

【お客様コメント】
(購入のきっかけ) 脱化石燃料したいから。
(暖房面積) LDK21畳、リビング壁中央に中央に設置。
(感想) ガスファンヒーターのみから、RS-4メインに。
熱量が多く、全室が暖まる。全く結露せず、ヤカンをかけていめためか、過乾燥もなく快適。燃費は都市ガスとほぼ相違なし。
着火・手入れに手はかかるが、楽しみの一つ。この点に不満があると導入は難しいかも。

使用機種 RS-4

【お客様コメント】
これ一台で家中が温まり、しかも経済的ですね。
FF式で部屋の空気が汚れないので、子育て世代の私たちにとって
最適な暖房機に出会えたと喜んでいます。
いつまでも長く付き合っていきたいと思います。

▲PAGE TOP

RS-mini お客様の声

東京都T様 使用機種:RS-mini 築年数:新築

【お客様コメント】
(購入のきっかけ) リビングで炎を眺められる生活は、長年の憧れでした。新居を都市部の住宅地に建てることになり、憧れは夢で終わるかな…思っていたところ、建築設計事務所さんにペレットストーブを紹介していただきました。自然素材で建てていただいた我が家のリビングにあったデザイン、サイズ、機能のペレットストーブ! 迷わず設置をお願いしました。
(暖房面積) 34.4u
(感想) 新居での生活がスタートしたばかりの今は、シーズン的にまだ出番はないのですが、インテリアの一部のようにカッコよく佇んでいます。そこにあるだけで愛おしいのですが、家中を暖めて、優しい炎で家族を癒してくれる冬が今からとても待ち遠しいです。

高知県Y様 使用機種:RS-mini  築年数:約40年

【お客様コメント】
(購入のきっかけ) 高知といえども寒い真冬にはエアコンとファンヒーターを使って乗り切っていました。以前から暖炉や薪ストーブに興味をもっていたところにペレットストーブの存在を知り、煙突などの設備やメンテナンスが暖炉や薪ストーブに比べると簡単のように思えたので、実演紹介のイベントに出かけました。初めて実物を目にし、思っていた通りランニングコストを含めて我が家の諸条件に合うことがわかりました。気さくでエネルギーいっぱいに説明してくださるメーカーさんや販売店さんの誠実さが、私たちにとってはとても嬉しく、購入する大きなきっかけになりました。
(暖房面積) 22畳LDK。吹き抜けあり。気密性が低い部屋なので真冬はファンヒーターを併用し、温まったらファンヒーターを消しています。
(感想) 我が家のむペレットストーブの前はネコの定位置。ネコが居ない時はかみさんの定位置です。黄橙色の炎は五感から暖かさを感じ、心も温まります。私たちは子供のころお風呂を薪で沸かしました。お風呂の薪くべは子どもの仕事であり楽しみでした。ストーブの前に座る時間は暖かさも、懐かしさも、穏やかな時の流れも得ることができる贅沢な時間です。

▲PAGE TOP

DKシリーズ お客様の声

広島県A様 使用機種DK-15

【お客様コメント】
(購入のきっかけ) もともと薪ストーブに憧れがあり、設置を考えていましたが、住宅地の為諦めざるを得ませんでした。なんとか炎を感じることが出来る暖房を、と探していたところ、ペレットストーブを見つけました。住宅地でもあまり煙が出ないことが決め手でした。
(暖房面積) 床暖房で1階(62u)、2階(33u)の空間が吹き抜けでつながっており、この空間全体の暖房を大型エアコンと併用しています。
(感想) どちらかというとエアコンの補助として使っています。ペレットの入れ替えも手間なので常に弱にして使っています。排気熱がもったいなく感じますが、一方で炎をゆっくり眺めるのは本当に心休まります。空気も乾燥しない暖房であることもよいと思います。
我が家の象徴なので、これからも大切に使おうと思っています。

使用機種 DK-15

【お客様コメント】
リビングに炎の見える暖房機をと新築当初から考えていました。
環境に優しいのは勿論。身体の芯からポカポカに温めてくれる
輻射熱と炎の癒しが最高に心地よいですね。
簡単操作の電化製品と違って操作は若干のコツはいりますが、
上達するのを楽しみながら競っています。

▲PAGE TOP

 

  

戻る