設置工事パターン

配管部材はステンレスと黒塗装を選べます。 ※一部ステンレスのみの部材がございます。

※設置場所によって異なります。詳しくはお近くの販売店へご相談ください

SSシリーズ・RS-4・DK-15 設置例

排気口からの火の粉の飛散を軽減し、より高い安全性を確保するために立上げ設置を推奨しております。

室内立上設置

【立上配管(室内)】
取付金具は別売り

基本配管セット
   +
T字管(室内用)
  必要配管
  エルボ90°

※立ち上がり部分の配管は高さに応じて
  直管またはスライド管をお選びください。

立ち上げ配管費用目安(税抜)
※必要配管を直管900 1本にした場合
ステンレス¥44,300
黒塗装¥52,300

※参考価格(条件により異なります。)

室外立上設置

【立上配管(室外)】
取付金具は別売り

基本配管セット
   +
T字管(室外用)
  必要配管
  エルボ90°

※立ち上がり部分の配管は高さに応じて
  直管またはスライド管をお選びください。

コーナー設置 上面

コーナー設置の場合は「エルボ45°」の追加が必要になります。

▶エルボ45°
反対向きも同じ。

室内立上設置の場合は不要

SSコーナー設置追加(税抜)
ステンレス¥4,600
黒塗装¥5,800

基本配管セット内訳

▶ 壁面金具
▶ 養生スリーブ
▶ スライド管
▶ エルボ45°
▶ 排気トップ

基本配管セット(税抜)
ステンレス¥19,100
黒塗装¥23,900

RS-mini 設置例

標準設置

【基本配管セット】+エルボ90°

左出しコーナー設置 上面

【基本配管セット】+エルボ90°

右出しコーナー設置 上面

▶タンク開閉のため直管145以上を追加

設置場所の注意

1. 室内での離隔 火災予防

ストーブから周囲の可燃物までの離隔距離は図のようにしてください。
▶可燃物との距離は図に示す寸法以上離して設置してください。
▶壁面との距離は保守・点検を行うためにも必要です。

……火災予防条例により

……自社基準(火災予防条例+操作のため)
※DK-12の自社基準は右図とは異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

2. 排気出口の注意 火災予防

① 排気出口から可燃物との間は図の通り離してください。
※排気出口からは200℃の排気ガスが排出されます。出口から30cm以上離すことで、対象物の温度は上昇しません。

② 排気出口は45°程度振って、風下に向けてください。
※排気出口が風上に向いていると、排気を阻害し、不完全燃焼を起こしたり、異常過熱を起こす場合があります。

3. 設置に問題のある場所

このような場所に設置されると、排気がスムーズに行われず、
燃焼不良を起こす場合があります。
販売店様とご相談のうえ設置場所を選んでください。

入り角となっている場所

×の場所では風が通らず、酸素欠乏状態となる場合があります。
〇の場所に給排気口を設けるようにしてください。

強風が吹きつける面

特に下から強風が吹きつける面では、排気が阻害される場合があります。

塀や生け垣等で囲まれている場所

塀や生け垣等が、排気出口に接近していると、離隔不足で火災の原因になったり、排気が阻害され、不完全燃焼や異常過熱を起こす場合があります。

庭木等は年数を経て、大きく成長して阻害要因になる可能性もあります。

雪の積もる場所

排気出口の周りに雪が積もる場所では、給排気を阻害し、不完全燃焼や異常過熱を起こす場合があります。周辺の構築物により、積雪の状態が変わる場合もありますので、ご注意ください。

「雪囲い」が2の①の排気出口からの離隔を確保されているかご注意ください。

  

戻る