沿革


会社沿革

平成16年 5月 古川正司(現・開発隊長) 資本金300万円で設立
仮設工事、仮設資材レンタル業務開始
平成17年 10月   新潟市西区みずき野に環境部を設立
  12月   木質バイオマス事業を開始
平成18年 3月   新潟県より経営革新計画を認証
  8月   西蒲区竹野町に木質再生燃料工場設立
  12月   木質ペレット製造販売を開始
平成19年 2月   資本金1,000万円に増資
  3月   ペレットストーブ販売開始(カローレシリーズ)
平成20年 5月   合同会社木質ペレット推進協議会(WPPC)設立
平成21年 4月   (株)新越ワークスに株式売却し、山後春信が代表取締役就任
第三者割当により、5,000万円に増資
木質ペレット製造設備を新潟エコエネルギーへ売却
  7月   第四銀行「だいし育成ファンド」より2,000万円の出資受け入れ
  8月   「SS-1」発売
  12月   薪兼用ストーブ「DK-09」発売
エコマスター発売
平成22年 6月   移動式ペレット製造プラント発表
平成23年 3月   東日本大震災発生 日本の森バイオマスネットワークを通じ、
ペレットストーブ40台を宮城県内の避難所へ提供
  10月   一般社団法人モアトゥリーズの依頼により、岩手県住田町の木造仮設住宅用に
小型ペレットストーブを開発
  11月   大型ストーブ「SS-10」販売
  12月   WPPCより「エネルギーはそこにある(三浦秀一先生共著)」出版
平成24年 8月   「MT-311 SUMITA」「SS-2」「DK-12」販売
平成26年 1月   ペレットストーブ新工場 竣工
  10月   新型輻射タイプ「RS-4」発売
平成27年 7月   「SS-5」「RS-mini」発売
平成28年 1月   「DK-15」(DK-12後継機)発売
10月   ペレット窯 PGY16 発売